後期高齢者医療制度って?

以前は「老人保険制度」と言っていました。
しかし、平成20年の4月から「後期高齢者医療制度」になっています。
ご存知ですか。
後期高齢者医療制度と言うのは、75才以上の人が加入する医療制度と言うことになります。
75才の誕生日を迎えたら、国民健康保険、その他の健康保険、共済組合などの被用者保険から後期高齢者医療制度に変わります。
※ 個人的に何か手続きをしなければいけないと言う事はありませんよ。
そして、後期高齢者医療制度へ自動的に加入するようになります。
後期高齢者医療制度は、75才以上の人が対象です。
しかし、障害のある人などの場合は、65才以上が対象となっています。
※現役並みに収入がある人は、3割負担です。
保険料率については、都道府県により違っています。
各都道府県に設置されている「後期高齢者医療広域連合」が運営をしています。
以上、これらの手続き業務は市区町村が行っています。
後期高齢者医療制度の適用が除外される場合もあります。
※生活保護受給者。
生活保護費において医療扶助の適用がある為、生活保護法の枠組みの中で医療給付を受けることになります。
国民健康保険の運営については市区町村が行っていますが、後期高齢者医療制度の運営については都道府県ごとにある「後期高齢者医療広域連合」が行っています。
共済と生命保険の違いとは?金額と補償額は?【JA・コープ・国民共済】